ZEH事業について

zeh28
 
 有限会社佐藤工務店は
ZEH(ゼッチ)Net Zero Energy House【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス】
を積極的に推進します。
平成32年までに新築着工の普及率50%(Nearly ZEHを含む)を目指します。
zeh11

ZEHは何のため?

zeh21

取組み

【1】ZEHの周知・普及に向けた取組み

自社ホームページ、完成見学会等のイベントを活用し、
ZEHが与える住まう人へのメリットを分かりやすく説明して、ZEHの周知・普及に取り組みます。

【2】ZEHのコストダウンに向けた取組み

ZEHへ関わる資材(断熱・設備)を探求し、コストパフォーマンス・コストバランスを見極め、取引先と協議し、協力を得てコストダウンへつなげます。
建物の生涯費用(ライフサイクルコスト)までを見据え、イニシャルコスト以外でもコストダウンを図ります。

【3】その他の取組み

設備に頼らないZEH(脱メカZEH)を目指します。
性能から得る快適・健康だけでなく、素材から得る快適・健康にもこだわります。
数値上の性能 + 高い施工技術力でより良い住宅を提供します。


佐藤工務店の今後のZEH建築目標

2017年度目標 2018年度目標 2019年度目標 2020年度目標
ZEH注文住宅 受託率 10% 30% 40% 50%


ZEH建築実績

2016年度目標 2017年度目標 2018年度目標 2019年度目標 2020年度目標
ZEH注文住宅 実績 0%


断熱性能・省エネ機器と創エネ設備との関係

断熱性能・日射遮断性能の高い外皮にすることと、省エネ機器を使うことによって、必要とされる創エネの量を抑えることができます。
これが、佐藤工務店の目指すパッシブハウス、脱メカZEHです。

zeh23

一次エネルギー消費量計算の流れと削減のポイント

外皮性能(高気密・高断熱・日射の調整など)に加えて、一次エネルギー消費量、太陽光発電の仕様検討が必要

計算の例

設計値 基準値
住宅 暖房 14.973 25.982
冷房 1.244 1.262
換気 1.345 4.164
給湯 15.292 27.666
照明 4.119 9.566
小計 36.973 68.630
その他 20.771 20.771
合計 57.744 89.401
太陽光 削減量 -12.586
発電量 38.068
売電量 25.482

エネルギー削減量

zeh25
zeh26

これからの住宅政策

新築住宅は、これから低炭素化、ゼロ・エネルギー化が進みます。
政府は、住宅の生涯CO2排出量を削減するLCCM住宅を最終目標に、低炭素住宅化を進めていきます。
2020年には300㎡以下の新築にも「2013年改正省エネ基準」を原則義務化へ、新築戸建ての50%がZEHとなります。
zet2

平成28年改正省エネルギー基準

岩手県の省エネルギー基準地域区分表

都道府県 地域区分 市町村


2 久慈市(旧山形村に限る)、八幡平市、葛巻町、岩手町、西和賀町
3 盛岡市、奥州市、花巻市、北上市、久慈市(旧久慈市)、遠野市、二戸市、雫石町、滝沢村、紫波町、矢巾町、金ヶ崎町、一関市(旧藤沢町、旧千厩町、旧東山町、旧室根村、旧川崎町)住田町、大槌町、山田町、岩泉町、田野畑村、普代村、宮古市(旧新里村、旧川井村)、軽米町、洋野町、野田村、九戸村、一戸町
4 宮古市(旧田老町)、大船渡市、一関市(旧一関市、旧花泉町、旧大東町に限る)、陸前高田市、釜石市、平泉町

外皮性能基準地域区分表(ZEH基準)

地域区分 1・2地域 3地域 4・5・6・7地域
外皮平均貫流率
(UA値)
0.4以下
(寒冷地は0.25以下)
0.5以下 0.6以下
地域区分 1・2・3・4地域
冷房期の平均日射熱取得率
(ηAC値)
基準値なし